すだち

徳島の香りの一 すだち

すだちの概要

すだち(学名:Citrus Sudachi Hort. ex Sirai / 英名:Citrus Sudachi)はミカン科カンキツ属の常緑樹で、ユズやカボスなどと同じ香酸柑橘です。

すだち

名前の由来は、果実に多く含まれる果汁を食酢として使用していたことから、酢橘(すだちばな)に由来するといわれています。「巣立ち」「酢立」などと当て字されることもあります。

すだち

すだちは、1個約25グラム前後の大きさで、ビタミンCやクエン酸などが豊富で、果汁を搾るだけではなく果皮料理に使うことができます。

爽やかな香りとすっきりした酸味があり、食卓には欠かせない名脇役です。


すだちの季節

すだちの花

花期は5月頃で、左の画像のような白い花を咲かせます。

すだちの花は、昭和49年10月4日徳島県の花に指定されています。

最近では、ハウス物、露地物、貯蔵物があり1年中スダチを店頭で見かけるようになりました。3月から8月まではハウス物、8月から10月にかけて露地物、11月から翌年3月までは冷蔵した貯蔵物です。

すだちの季節

すだちは、青いうちに収穫し出荷しますが、熟すとミカンと同様に黄色になります。全国の生産量のおよそ98%を徳島県で生産しています。

すだちの品種

  • 徳島すだち1号
  • 本田系
  • 神山系
  • 酒井系

など

すだちの主な生産地

神山町、佐那河内村、阿南市です。

主要市町村別 栽培面積・生産量(年次推移) PDF PDF
ハウスすだちの栽培面積・生産量(年次推移) PDF PDF

すだちの利用方法

果皮の緑色が濃く、果皮、果肉の香りがよいものを選びます。

  • 搾って使う
    すだちを横に二つ切りにして、いろいろな料理(刺身,焼き魚,豆腐料理など)に搾りかけます。
  • 擦って使う
    よく水洗いしたすだちを皮のまま擦り、つけ汁に加えたり、わさびに混ぜても風味が出ておいしくいただけます。

また、お土産として、すだちを使った「すだち酢(すだち果汁)」「すだちポンズ」「すだち酎」「すだち酒」「すだちマーマレード」は人気の商品です。

確認されているすだちの効用

  • 減塩効果:すだちを使うことによって、その酸味で醤油など塩分の多い調味料を控えることができます。
  • すだちに多く含まれるクエン酸は、一般的に、疲労回復を助けるとされています。