【12月の企画展示】きのはな家・ココカラハッピー

もう12月、1年が過ぎるのは本当に早いですね

『あるでよ徳島』特設コーナーでは、毎月、徳島の特産を活かしたこだわりの製品づくりを行なっているメーカーさんや、伝統工芸品・季節商品などをご紹介しております。

12月の企画展示では、世界で一つの花を造る「きのはな家」と、徳島素材のあめを造っている「ココカラハッピー」ををご紹介いたします。

(1)きのはな家
(2)ココカラハッピー

★本記事内容は、12月24日までの展示を予定しております。

(1) きのはな家

徳島県の南部 海陽町にある「きのはな家」さんは、阿波杉・阿波ひのきを使った木の花を造っています。
うす~くシート状に削った木を染色し、花びらの形に切り、花の形に整えます。
気の遠くなるほどの時間をかけて完成した「同じものは無い世界でたった一つの花」
ぜひご覧になってください。

★きのはな家 HPはこちらから

 

(2) ココカラハッピー

ココカラハッピーさん展示全景

天神入口展示場では、「ココカラハッピー」さんの商品をご紹介しています。

徳島素材の美味しさを詰め込んだ飴が勢揃いしています。
新製品の2層タイプ「すだち味徳島ののどあめ」もございます。

「徳島が香るあめ」には、「徳島シュワっとあめ・塩ゆずあんこあめ」の、5種の詰め合わせにしか入っていない2種類のあめが入っています(これがまた美味しいのです!)
クリスマスらしい華やかなココカラハッピーさんの展示を是非見に来てください。

★ココカラハッピー HPはこちらから

 

★おまけ★

不思議な椅子「てるぺん」ってご存じですか。
「てるぺん」を作っている「山の楽校」さんが作品を創ってくれています。
「てるぺんってどうやって遊んだらいいの?」と疑問に思っている方は、是非とも来店してご覧になってください。「こんなのが出来るの!」とびっくりするかも?です。