【5月の企画展示】たった一本の幸せ藍染作品展・徳島県漁連・ボン・アーム

風薫る5月となり新緑が目に鮮やかに映るようになりました。

『あるでよ徳島』特設コーナーでは、毎月、徳島の特産を活かしたこだわりの製品づくりを行なっているメーカーさんや、伝統工芸品・季節商品などをご紹介しております。

5月の企画展示では、「たった一本の幸せ 近藤美佐子藍染作品展」、海と川とくしまの贈り物「徳島県漁連」、藍を食べる「ボン・アーム」をご紹介いたします。

(1)たった一本の幸せ 近藤美佐子藍染作品展
(2)徳島県漁連
(3)ボン・アーム

★本記事内容は、5月末までの展示を予定しております。

(1) たった一本の幸せ 近藤美佐子藍染作品展

たった一本の幸せ藍染作品展全景

正面入り口展示場では、「たった一本の幸せ 近藤美佐子藍染作品展」を開催中

母の日、父の日のプレゼントにもぴったりの作品が並んでいます。
すべて一点ものですので、お気に入りを探してみてください。

(2) 徳島県漁連

毎年企画展示している「徳島県漁連」さん
今年も新製品と共に来てくれました。

新商品は、「鳴門産カットわかめ」
鳴門のうず潮で育ったわかめを使いやすいようにカットしました。

おすすめ商品は「阿波の極 ひめ椿」と「味付のり」
・阿波の極 ひめ椿
徳島県の南、室戸阿南海岸国定公園の中にある紀伊水道に面した椿泊(つばきどまり)
その椿泊の漁師さんが、素潜りで刈り取りした天然わかめを100%使用しています。
・味付のり
ハモ魚醤と鳴門鯛魚醤の2つの味があり、かわいいケースのセット商品が人気です。

(3) ボン・アーム

藍チーズラングドシャ展示全景

藍は染料としてだけでは無く、古くから食用としても親しまれていました。
ボン・アームさんは、藍を使った食品を多数開発されています。

今回ご紹介するのは、生地の中に徳島県産藍の乾燥粉末を入れ焼き上げたラングドシャです。
間にはゴルゴンゾーラを使ったチョコを挟みました。
写楽をイメージした絵が描かれた個性的なパッケージは、1度見ると忘れられないインパクトがあります。